祝☆DRF4周年

おかげさまで、DRFは、2016年7月で、
発足4年を迎えることができました。

思い返せば、2012年7月、
国内生まれのフェレットたちを残したいと
有志メンバーが集結し、DRFが発足。

メンバー全員、別で本職を持っており、
ペット業界では素人ばかりです。
趣味の域を超えない中での活動でした。

なかなか時間の無い中、それでも可能な限りの時間を
フェレットのために費やし、4年間で61ペアの出産を
経験し、うち45ペアのベビーが育っています。
生まれたベビーは、4年間で、211頭になります。

初年度はメンバー一丸となって頑張った結果、
13組の出産を経験しました。
うち10組のベビーちゃん、計50頭が育ちました。

2年目は、10組の出産、うち7組のベビーが育ちましたが、
頭数は激減して、21頭だけ。
3年目も、10組の出産、うち6組のベビーしか育たず、
頭数は24頭でした。
この2年間は、運営していく上でのジレンマもあり、
とても苦しい状態でした。

4年目の2015年は、過去の反省を点を改め、
メンバー頑張って13組出産、
うち9組のベビーが育ちました。
若いママちゃんも多かったせいか、多頭出産にも恵まれ、
54頭のベビーに恵まれました。一気ににぎやかになってきました。

そして、今年2016年も、順調にベビーが誕生しています。
5月生まれまでで、15組の出産、うち13組のベビー、
すでに63頭が育っています。

DRFの活動は、今年で5年目に入ります。
可愛いベビ-たちも、5年目にしてようやく、
シーズン中だけではありますが、少し安定して
ご案内できるようになりました。

7月はDRFにとって、思いの詰まった忘れられない月です。
いろんな思いを乗り越え、発足にたどり着いた月でもあります。
皆様の応援なしではここまでこれなかったことでしょう。

そこで、応援してくださった皆様に感謝をこめて、
7月~8月にご案内させていただくベビーをお迎え
いただいたお客様には、フェレットショーでしか購入できない
レアものをたくさんプレゼント!

大荷物になったらごめんなさい
特別記念特典付きとさせていただきます!

従来の特典(DRF特製ハンモック、DRF愛用フード、
DRF愛用トイレ砂、DRF愛用おもちゃ、ベビー成長記録、
ベビーの記念写真、出生証明書、ファミリーツリー)に加え、
以下の大サービスです

正真正銘の兄弟姉妹のシンクロする楽しさを知っていただきたく、
兄弟姉妹でのお迎えに限り25%オフ。

DRF特製ハンモック2枚!(2頭なら4枚)

DRFオリジナルグッズ2点(2頭なら4点)

DRFブースのみの限定販売品、
アメリカのフェレットショージャッジさんが選んだ
アメリカのフェレットグッズ1点(2頭なら2点)

フェレット個人ブリードチームが、手塩にかけて育て
生まれる前から大切に管理された、
心のこもったフェレットたちに、どうぞ、
すてきなご縁がありますように。

メンバーそれぞれが本職を持つ中、繁殖活動や、
ご案内やお迎えの段取りなど、いっぱいいっぱいの
現況で、ご迷惑をおかけすることもありますが、
何卒、ご理解いただきまして、
今後とも、DRFをよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

仮予約受付№2015-14のお客様へ

仮予約受付№2015-14
埼玉県 K様

仮予約受付時にお知らせいただいたメールアドレスへ
ベビーのご案内のご連絡を差し上げておりますが、
メールが送信できず、戻ってきてしまいました。

もし、メールアドレスの変更がありましたら、
ご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。
おかげさまで、昨年お迎えいただきました子供たちは、
すくすくと成長し、オーナー様にかわいがっていただき、
とてもうれしく思っています。
近況をお寄せいただきましたオーナー様、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

DRF設立以来、いろいろなことがあり、思うように繁殖活動に取り組めない年もありました。
そのため、繁殖可能な年齢の子たちが極端に少なくなり、
危機感をいだいたスタッフが、昨年は必死に繁殖に取り組みました。
その結果、たくさんの子供たちが生まれ、若い世代に引き継がれました。
今年は昨年と同じようなペースでは繁殖できないと思われますが、
日本生まれのフェレットの血筋を守っていきたいと考えています。
今後とも変わらぬ応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

新しい年が、皆様とフェレットちゃんにとって良い年となりますように…

ベビー

気づけばもう年末

ふと気づけば、クリスマスも終わり、
今年もあとわずかになってしまいました。
この冬は暖かい日が多いですが、皆様、フェレットちゃん、いかがお過ごしでしょうか…

さて、今年は例年になくたくさんのベビーが誕生しました。
悲しいこともあり、うれしいこともたくさんあった1年でした。
たくさんの方にDRFのフェレットを知っていただくこともできました。
皆様の応援、本当にありがとうございました。

また、今年はフェレットワールド様からもたくさんのベビーがお迎えされ、
フェレットショーなどで近況をお知らせいただき、うれしい再会がありました。
最後にフェレットワールド様にお連れいただいた2頭のセーブル君も無事お迎えされたとのことで、
6月生まれの星矢&エッダベビーもすべてお迎え先が決まりました。
パパ 星矢とママ エッダ DRFに残った6か月になった子供たちの近況です。

星矢パパ
201512 星矢パパ

エッダママ
201512 エッダママ

子供たち
左:ベイダー(♂) 右:エリザベス(♀)
201512 ベイ&リズ

左:オードリー(♀) 右:あい(♀)
201512 あい&オードリー

では、来年も皆様にとって、フェレットちゃんにとって良い年となりますように
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

交配&出産のトラブル事例(症例3・4)

悲しい記事が続きます。すみません。

【症例3】: ジュン&ジークベビー 1頭死亡

事前エコーで、1頭だけの妊娠が確認されていました。
胎内死亡の為、予定日より5日目に自然娩出。
ママは無事です。

【症例4】 ごま&ジークベビー 3頭死亡

事前エコーで、3頭の妊娠が確認されていました。
4歳の初産のため、予定日より一日早く、
帝王切開を予定。
ところが、帝王切開予定時間の数時間前に、
早産で出産が始まり、自力で男の子を1頭を出産しました。
2頭目がなかなか生まれず、顧問獣医師のもとへ走る途中、
車の中で、極小の女の子を出産。
到着後、残児の死亡が確認され、顧問獣医師によって娩出。
2頭のベビーは生存しているも、ママが高齢出産のため、
出産後の回復が遅れ、育児放棄。
おっぱいもほとんど出ず、育児は不可能と判断しました。
ごまママ

同時出産予定の他のママの出産を待ち、
生まれ次第、ベビーを代理ママに預ける作戦で、
スタッフは48時間徹夜で育児補助するも、
小さな女の子は体力の限界で先に死亡。
残った男の子も頑張ってくれていましたが、
代理ママの出産が遅れ、数時間の差で力尽きてしまいました。
ママは数日後に回復しましたが、時すでに遅い状況と
なってしまいました。
ごまベビー

DRFでは単独出産を避け、
トラブル時には他のママと助け合えるよう、
交配プログラムを組み、出産予定に備えていますが、
タイミングが合わず、残念な結果になってしまうこともあります。

毎回、いろいろなトラブルを経験する度に、
スタッフの中に、後悔やたらればの思いがのこります。
フェレットが無事成長するという貴重さを、
あらためて実感させられます。

今後も繁殖を続ける以上は、こういったトラブルが
起こることもあるでしょう。
小さな小さな命が、私たちに教えてくれたことを、
次に繋がる大きな一歩として受け止め
これからも頑張っていくしかありません。

無事育ったベビーたちが、その命を次の世代へと繋ぎ、
亡くなった子たちが、また生まれ変わってくることを
信じて。
プロフィール

DRF

Author:DRF
 
ジャパンブリード(国内繁殖)フェレットファーム
動物取扱業登録証 動尾874号
平成24年7月9日認定

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ランキング参加
検索フォーム
リンク
QRコード
QR