スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月生まれのベビーご紹介 その2

先に生まれたバジルベビー

バジルベビー出産直後

どう考えてもおっぱいの数が足りません。

予定日では先に生まれるはずだったあんずの出産が待たれますが、いっこうにその気配がなく…
そのうち、破水の兆候が見られ、急きょ獣医さんへ…
緊急帝王切開になりました。

あんず帝王切開

しかも、6~7頭の予定でバジルベビーの代理ママとして期待されていたはずが、
11頭の出産となり、とても他の子を育てる余裕はなさそうです。
それどころか、こちらもおっぱいの数が足りません。
とりあえず、あんずママの体調が回復するまで、あんずベビーの2頭をアルバママに預けることにしました。

アルバベビー&あんずベビー

ところが、次の日の朝、アルバベビーの3頭がお星さまに…
どうやら、アルバは年齢のためか、おっぱいの量が足りないようです。
預けたベビーは体調が回復してきたあんずに戻しました。
あんずは代理ママを当てにせず、自力で育児してもらいます。

そして、アルバベビーの残った2頭とバジルベビーをアルバ、バジルの2頭のママに預けるのですが、
アルバのおっぱいの量がかなり少なく、4時間ごとにお世話が必要となり、
人間もママも徹夜の総力戦となりました。
1頭でも命を助けたいと思ってはいるのですが、小さい子から体力が尽き、
バジルベビー8頭、あんずベビー8頭、アルバベビー2頭になってしまいました。
1週間の時点で、アルバのおっぱいがほとんどでなくなり、育児からリタイア…
アルバベビーはバジル、あんずに1頭ずつ預け、それぞれ9頭の育児がスタートしました。

小さい命が消えていくことは、本当につらいことで、人間の無力さを思い知らされます。
それと同時に、一生懸命育児をしているママの偉大さを改めて感じます。

その後は順調に大きくなり
(おっぱいの数はやはり足りないと思いますが、ちゃんと譲り合っているのですね)
今では、目も開きご飯も自分で食べられるようになりました。
かわいい姿は、後日、ご紹介しますね…

スポンサーサイト

3月生まれのベビーご紹介 その1

繁殖シーズンに入り、うれしくもちょっと大変だったお知らせがあります。
3月は3組の出産がありました。

3月8日 ママ:バジル パパ:虎轍
15頭出産(7頭死亡)  ♂5♀3生存
3月8日 ママ:アルバ パパ:じん太
6頭出産(4頭死亡)   ♀2生存
3月9日 ママ:あんず パパ:虎轍
11頭出産(帝王切開。3頭死亡)  ♂5♀3生存

3月8日に出産したバジルママ
出産直前バジルママ
出産前のエコー検査で、かなりたくさんの胎児を確認し、多頭は覚悟していましたが、
予定日より1日早く、なんと15頭自然分娩で出産しました。
しかし、やはり1頭は死産、残りの子たちも小さめです。

同じく3月8日に出産したアルバママ
出産直前アルバママ
エコー検査では4~5頭が確認され、
予定日より1日遅れで6頭自然分娩で出産しましたが、1頭は死産でした。
3回目の出産のベテランママでしたので、あまり心配はしていませんでしたが…

3月9日 緊急帝王切開になったあんずママ
出産直前あんずママ
エコー検査では6~7頭確認され、若いママでしたので、安心していましたが、
予定日を過ぎてもいっこうに生まれず、帝王切開になりました。
なんと11頭出産、出産時は全員が生存していました。

前回のブログにもありますように、フェレットの代理ママはよくあることで、
そのためにできるだけ同じ時期に生まれるよう、交配を計画します。
ただ今回はベビーの数が多すぎて、出産後、大変な1週間を過ごすことになりました…

ルナママは、代理ママとしても頑張ってくれました

ルナベビーは男の子5頭、女の子2頭ですが、
育てているベビーは、8頭います。
sルナベビー&あやめジル

実はそのうちの1頭は、あやめ×虎次郎ベビーなんです

ルナママと同日に、帝王切開で出産したあやめちゃん。
予定帝王切開でしたので、12~14gの元気で大きな子たちが
3頭生まれました。
蘇生も問題なく、やはり遅延の無い帝王切開の子は、
こんなに元気なんだなと安心しておりました。

あやめちゃんの麻酔も順調に冷め、
ベビーたちを迷わず連れて行き、お世話する姿に、
さすが、ベテランママと感心しながら、
約6時間後に、様子を見てみると…

あやめママは、ベビーを抱えてはいますが、
ベビーたち、少し元気がありません
体重も、2g以上減っていました。
あわてて、おっぱいの様子を確認すると、
なぜか、白ではなく茶色いミルクが…

これはママのおっぱいが出ていないと判断し、
先に生まれてきていたルナベビー7頭とあやめベビー3頭の
ベビー総入替えを決行しました。

ところが、今度は、あやめママに預けた方のベビーたちが、
体重を落としてしまいます。
ママちゃんモードになっているあやめちゃんから、
ベビーを離すのは、とても可愛そうでしたが、
このままでは、赤ちゃんは全滅してしまいます。

こうなったら、すでに7頭の育児を始めているルナママに
あやめベビーの3頭も預けるしかありません。
リスクは多大にありますが、背に腹は代えられず、
1頭でも多く、あやめベビーに残ってほしいとの、一念で、
思い切って、あやめママをあきらめ、
ルナママに全頭預ける決心をしました。

ルナママ、まさかの、10頭のベビーのお世話をすることに!
あたふたしてはいるものの、甲斐甲斐しくめんどうを見始めました。

しかし、1頭…、そして2頭… と、
弱くおっぱい争奪戦に負けてしまった子が、お星様に…。
2頭ともあやめベビーでした。

少し判断が遅かったと全滅を覚悟していましたが、
あやめちゃんの赤ちゃん、女の子1頭が、
なんとか頑張ってくれました。

その後ルナママは、我が子7頭と、
あやめベビー1頭を、分け隔てなく、育ててくれました。
唯一残ったあやめベビーちゃん。
ママそっくりに、がっちりな女の子に成長しました
あやめジル

ルナママ、本当にありがとうね。おつかれさま

同時出産のママちゃんがいると、トラブルがあった時、
全滅を防ぐ確率が増えます。
1頭でも残ってくれれば、次につながります。
今回は、代理ママの存在が本当にありがたかったです。

一人っ子になってしまったあやめベビーですが、
多くの乳兄弟・乳姉妹に囲まれ、
毎日元気に過ごしています♪
sルナベビー&あやめジル2

ルナベビー、全員集合!!


この度の熊本地震で被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。
一日でも早く、通常の生活に戻れますように…


生後2ケ月半のルナ&マークベビーたち
先日、ワクチン接種を終え、いよいよお迎えです。

今回は、男の子×2頭・女の子×2頭がDRFに残りますので、
ご案内できるベビーは、男の子×3頭になります。
お待たせしている仮予約受付済の方へ、
順次ご連絡させていただきますので、よろしくお願いします。

それでは、男の子×5頭・女の子×2頭のベビーと、
パパ&ママをご紹介しますね。

Hob①                 Hob②
ルナHpb① ルナHpb②

Hob③                 Hob④
ルナHob③ ルナHob④

Hob⑤
ルナHob⑤

Jill①                  Jill②
ルナJill① ルナJill②

パパ:マーク              ママ:ルナ
マークパパ ルナママ

ママ似のチョコレート~シャンペンの子、
パパ似のちょミットファンシーカラーの子、
どの子も、とってもかわいいです


ルナベビー、大きくなりました♪

2月3日生まれのルナ&マークベビー、
大きくなりましたよ~

男の子×5頭・女の子×2頭、計7頭ですので、
ちょっと写真は割愛して、代表?の1頭でご紹介しますね

こちらは、もう少しで目が開きそうな生後1ヶ月頃↓↓↓
ルナベビー0405-2

現在は、お目目パッチリ、可愛い盛りです
ルナベビー0405-4

つい最近の笑えるエピソードを紹介しましょう。
奮発して、骨付きの唐揚げ用のお肉をあげたときのことです。

例によって、キッキッキ!キーキーともみくちゃになって
数匹がお肉の取り合いで乱闘?していました
頭をブンブン振り回して、必死にお肉を確保しようとする
ある1頭の男の子が。

自信満々にGETし、自慢げに持ち上げ、集団から飛び出したところを
ちょっとイタズラ(笑)
どさくさまぎれで、その男の子に「あみたま(おもちゃ)」を咥えさせたところ、
すっかりお肉と思い込んでもって行きました

ふと、それが「あみたま」だと気が付いたかどうだかはわかりませんが、
一瞬動きが固まり、その後、これじゃな~いと言わんばかりの逆切れで
「あみたま」を振り回し、1mくらい放り投げてしまいました。

ピューンとこっちに飛んできた「あみたま」に、見ていたスタッフも大笑い。
一部始終をビデオにとっていなったことが悔やまれますが、
笑える笑えるなんてもんじゃありませんでした。
ルナベビー0405-1

まさに、天真爛漫。毎日のお遊びタイムは、
ヤンチャなベビーたちのおかげで、笑いにあふれています。
ルナベビー0405-3

さて、そんなルナベビーたち、
今回は男の子が多く生まれましたので、
このまま無事に育てば、お待たせしている仮予約の方へ、
順次ご案内できそうです。
ルナベビー0405-5

4月下旬を目処に、お迎えいただけるかと思いますので、
楽しみにお待ち下さい。
ルナベビー0405-6

フェレットショーの準備もあり、
全員が別に本職を持つDRFスタッフたちは、
大変忙しくしております。

なかなか希望通りのお迎え日設定などできないかもしれませんが、
予約決定の際には、ご協力の方、よろしくお願い致します。
プロフィール

DRF

Author:DRF
 
ジャパンブリード(国内繁殖)フェレットファーム
動物取扱業登録証 動尾874号
平成24年7月9日認定

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ランキング参加
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。