スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナママは、代理ママとしても頑張ってくれました

ルナベビーは男の子5頭、女の子2頭ですが、
育てているベビーは、8頭います。
sルナベビー&あやめジル

実はそのうちの1頭は、あやめ×虎次郎ベビーなんです

ルナママと同日に、帝王切開で出産したあやめちゃん。
予定帝王切開でしたので、12~14gの元気で大きな子たちが
3頭生まれました。
蘇生も問題なく、やはり遅延の無い帝王切開の子は、
こんなに元気なんだなと安心しておりました。

あやめちゃんの麻酔も順調に冷め、
ベビーたちを迷わず連れて行き、お世話する姿に、
さすが、ベテランママと感心しながら、
約6時間後に、様子を見てみると…

あやめママは、ベビーを抱えてはいますが、
ベビーたち、少し元気がありません
体重も、2g以上減っていました。
あわてて、おっぱいの様子を確認すると、
なぜか、白ではなく茶色いミルクが…

これはママのおっぱいが出ていないと判断し、
先に生まれてきていたルナベビー7頭とあやめベビー3頭の
ベビー総入替えを決行しました。

ところが、今度は、あやめママに預けた方のベビーたちが、
体重を落としてしまいます。
ママちゃんモードになっているあやめちゃんから、
ベビーを離すのは、とても可愛そうでしたが、
このままでは、赤ちゃんは全滅してしまいます。

こうなったら、すでに7頭の育児を始めているルナママに
あやめベビーの3頭も預けるしかありません。
リスクは多大にありますが、背に腹は代えられず、
1頭でも多く、あやめベビーに残ってほしいとの、一念で、
思い切って、あやめママをあきらめ、
ルナママに全頭預ける決心をしました。

ルナママ、まさかの、10頭のベビーのお世話をすることに!
あたふたしてはいるものの、甲斐甲斐しくめんどうを見始めました。

しかし、1頭…、そして2頭… と、
弱くおっぱい争奪戦に負けてしまった子が、お星様に…。
2頭ともあやめベビーでした。

少し判断が遅かったと全滅を覚悟していましたが、
あやめちゃんの赤ちゃん、女の子1頭が、
なんとか頑張ってくれました。

その後ルナママは、我が子7頭と、
あやめベビー1頭を、分け隔てなく、育ててくれました。
唯一残ったあやめベビーちゃん。
ママそっくりに、がっちりな女の子に成長しました
あやめジル

ルナママ、本当にありがとうね。おつかれさま

同時出産のママちゃんがいると、トラブルがあった時、
全滅を防ぐ確率が増えます。
1頭でも残ってくれれば、次につながります。
今回は、代理ママの存在が本当にありがたかったです。

一人っ子になってしまったあやめベビーですが、
多くの乳兄弟・乳姉妹に囲まれ、
毎日元気に過ごしています♪
sルナベビー&あやめジル2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DRF

Author:DRF
 
ジャパンブリード(国内繁殖)フェレットファーム
動物取扱業登録証 動尾874号
平成24年7月9日認定

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ランキング参加
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。