3月生まれのベビーご紹介 その2

先に生まれたバジルベビー

バジルベビー出産直後

どう考えてもおっぱいの数が足りません。

予定日では先に生まれるはずだったあんずの出産が待たれますが、いっこうにその気配がなく…
そのうち、破水の兆候が見られ、急きょ獣医さんへ…
緊急帝王切開になりました。

あんず帝王切開

しかも、6~7頭の予定でバジルベビーの代理ママとして期待されていたはずが、
11頭の出産となり、とても他の子を育てる余裕はなさそうです。
それどころか、こちらもおっぱいの数が足りません。
とりあえず、あんずママの体調が回復するまで、あんずベビーの2頭をアルバママに預けることにしました。

アルバベビー&あんずベビー

ところが、次の日の朝、アルバベビーの3頭がお星さまに…
どうやら、アルバは年齢のためか、おっぱいの量が足りないようです。
預けたベビーは体調が回復してきたあんずに戻しました。
あんずは代理ママを当てにせず、自力で育児してもらいます。

そして、アルバベビーの残った2頭とバジルベビーをアルバ、バジルの2頭のママに預けるのですが、
アルバのおっぱいの量がかなり少なく、4時間ごとにお世話が必要となり、
人間もママも徹夜の総力戦となりました。
1頭でも命を助けたいと思ってはいるのですが、小さい子から体力が尽き、
バジルベビー8頭、あんずベビー8頭、アルバベビー2頭になってしまいました。
1週間の時点で、アルバのおっぱいがほとんどでなくなり、育児からリタイア…
アルバベビーはバジル、あんずに1頭ずつ預け、それぞれ9頭の育児がスタートしました。

小さい命が消えていくことは、本当につらいことで、人間の無力さを思い知らされます。
それと同時に、一生懸命育児をしているママの偉大さを改めて感じます。

その後は順調に大きくなり
(おっぱいの数はやはり足りないと思いますが、ちゃんと譲り合っているのですね)
今では、目も開きご飯も自分で食べられるようになりました。
かわいい姿は、後日、ご紹介しますね…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DRF

Author:DRF
 
ジャパンブリード(国内繁殖)フェレットファーム
動物取扱業登録証 動尾874号
平成24年7月9日認定

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ランキング参加
検索フォーム
リンク
QRコード
QR