スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産情報詳細(2016年11月生まれ)その2

出産情報詳細(2016年11月生まれ)その1
つづきです。

オリーブ:16頭出産、うち12頭生存
アクア:5頭出産、うち4頭生存
マリーゴールド:10頭出産、うち9頭生存
すみれ:8頭出産、うち4頭生存
ルデア:帝王切開にて1頭出産、1頭生存
結局、総勢30頭のベビーたちと5頭のママ、
スタッフの共同子育てが始まりました。

すみれとルデアは早々に育児からリタイヤ。
帝王切開後のルデアママは、
まったくママちゃんモードになりません。

すみれママはお世話する気はまんまんでしたが、
おっぱいが薄いようで、増えるはずのベビーの体重が
落ちてきてしまいましたので、3日目から断念し、
若いママに分散して育ててもらうことになりました。

ベビーたちの体重を見ながら、それぞれのママちゃんに分担し、
育ててもらうことにします。

基本的にマリーママは、自分の子9頭を担当。

アクアママは自分の子4頭とすみれママの子4頭、
オリーブママの大きい子2頭の合計10頭を担当。

オリーブママは自分の子10頭と小さなルデアの子1頭で
合計11頭を担当して、文字通り、総力戦の子育てです。

2016年11月生まれ3

2016年11月生まれ1

頭数が多いので、おっぱいの数が足りません・・・
体重が伸びない子を組換えながら、3頭のママで
体重がまんべんなくUPするようにローテーションを組みます。
2016年11月生まれ2

途中、順調に子育てをしてくれていた頼りのアクアママが、
重症の乳腺炎になってしまい、高熱でふらふらに…
点滴をしながら、4頭を担当しての子育てとなりました。
2016年11月生まれ4

この間、残りの26頭を2頭のママで担当し、
スタッフの人工哺乳で補助し、何とか乗り切りました。

しばらくして、アクアママの乳腺炎も回復し、
アクアママは、再び9頭を担当することになりました。

その後、ベビーたちも何度か危ない時期もありましたが、
最終的に、オリーブは自分の子12頭、マリーも自分の子9頭、
アクアは自分の子4頭&すみれの子4頭&ルデアの子1頭の
合計9頭を育て上げました。

合計40頭のベビーが授かりましたが10頭は死亡。
それでも、死産もしくは、出生直後に亡くなった子以外の
30頭が、全員元気に育ったのは奇跡としか言えません。

今回は助っ人し合えるママたちが複数頭いましたので、
ここまで生存率を上げることができました。
もし、1頭だけの単独出産であれば、最悪は全滅もあり得ます。

いずれも新米3ママたち、本当にお疲れ様。
そして、ありがとうね。

一気にまとめてお伝えしましので、
次回からは、それぞれのベビーたちの成長の様子を紹介します。
なかなかのボリュームですよ(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DRF

Author:DRF
 
ジャパンブリード(国内繁殖)フェレットファーム
動物取扱業登録証 動尾874号
平成24年7月9日認定

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ランキング参加
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。